まだ低賃金で働くの?年収を上げたいなら今すぐチェック!CLICK!

社会福祉士はブラックでしんどい仕事?辞めたい理由はやりがい搾取の現状・・・

社会福祉士,しんどい,ブラック,辞めたい,やりがい搾取,社会福祉士の仕事,MSW,本音,体験談

社会福祉士はやめとけ・・・なんて、言われたことはありませんか?

実際のところ社会福祉士の仕事は、決して楽ではありません。

バタバタと対応に追われる毎日。

でも特に褒められるでもなく、自分が悪くなくても責められたり・・・。

社会福祉士の職場は、「ブラック」「しんどい」と感じることもあるのです。

やりがいはありますが、それに頼り過ぎていると思うのです。

(つまり、やりがい搾取の仕事!)

一体どんなことが辛いのか、社会福祉士の現場から具体的に解説しますね。

目次

社会福祉士の仕事はブラックでしんどい!その理由は・・・

【社会福祉士の仕事がしんどい理由①】対人援助の辛さ

社会福祉士の仕事のメインは、「しんどい」状況のクライエントへの相談支援です。

ただ、この人が人を支援する対人援助職は、とにかくきついのです。

相談にやってくるクライアントは、生活の中で色々な困難や生きづらさを抱えています。

その背景は、虐待やDV、生活困窮、それに障害、国籍(外国人)、介護、アルコールや薬物への依存症、犯罪に関わった・・・など、本当にさまざま。

社会福祉士は、人生のとてもハードな側面と日々対峙しているのです。

さらにクライアントは、時に情緒不安定になります。

ハイテンションな方もいれば、目の前で涙を流されることもあります。

クライエント自身というより、その家族の揉め事に巻き込まれることもあります。

あるいは、要求が通らず不満を募らせたクライエントから、 怒りをぶつけられることもあります。

これが社会福祉士の日常なわけですから、まるでサンドバックのよう。

顔に笑顔が張りついたまま、社会福祉士の心も振り回されるのです。

【社会福祉士の仕事がしんどい理由②】やりがい搾取の現状

社会福祉士,しんどい,ブラック,辞めたい,やりがい搾取,社会福祉士の仕事,MSW,本音,体験談

社会福祉士の仕事はやりがいがありますが、それに見合った報酬・給料がないのも現実です。

いわゆる「やりがい搾取」の側面があり、ブラックな仕事になりがちです。

クライエントから感謝されることも、もちろんあります。

ですが、 対人援助職に正解はありません。

「あんな関わりでよかったんだろうか・・・」と、自問自答することになります。

ただし正解はないのに、失敗はわかりやすいです。

面談の中の言葉かけ一つで、クライアントが傷ついたり、怒りをあらわにすることもしばしば。

ああ、私が説明不足なのがいけなかったんだなあ。

こんな反省が、日々繰り返されます。

すると、社会福祉士の中に積み上がっていくのは、もやもやとした気持ちなのです。

そうやって心をすり減らしながら働いても、給料は低い。

ああ、報われないですね。

それでも「専門職だから」「クライアントのために」「やりがいはあるから」と、みんな一生懸命に働いています。

これって・・・、やりがい搾取ですよね。

【社会福祉士あるある】立場が弱くて板挟み?思ったほど感謝されない現実も

【社会福祉士の仕事がしんどい理由③】裁量が大きい割にフォローがない

チームで動く看護師や介護士と違って、社会福祉士の仕事は、基本的には単独でこなします。

つまり、自分の判断で行動する「裁量の大きい」職種です。

でも残念なことに、社会福祉士自身を支えるシステムが不足しているのです。

スーパーバイズと言って、キャリアのある社会福祉士から、アドバイスをもらうシステムも一応あります。

でもスーパーバイズを受けるのも、けっこうハードルは高いです。

仕事以外の時間を使うことになるし、支援者としての自分というものと向き合わざるを得なくなる。

それができる人って、ある程度元気で、向上心がある人だと思います。

大抵の人が、そのもっと手前でつまずいて、今目の前の抱えているケースで手いっぱいになっています。

スーパーバイズを受けようと思う以前に、 意欲が低下してしまって、 燃え尽きてしまう人はたくさんいるのです。

社会福祉士,しんどい,ブラック,辞めたい,やりがい搾取,社会福祉士の仕事,MSW,本音,体験談

こんなにも、社会福祉士の仕事ってブラックで、しんどい

えー、まさかと思いますか?

もちろん職場によっても、かなり差はあります。

ちなみに私自身は、社会福祉士そのものは辞めるつもりはありません。

でも新卒で就職した分野では、続けていけませんでした。

では私が体験した医療ソーシャルワーカー(MSW)の職場について、現実を紹介しましょう。

社会福祉士の職場としては、とってもポピュラーなので、リアルな現場を感じて頂けると思うのです。

社会福祉士の職場、MSW(病院)はブラックで辛い?

医療報酬上で加算があるので、病院への社会福祉士(MSW)の配置は、今では珍しくありません。

専門職として活躍できる職場のはずですが、私はしんどかった・・・。

ではMSWは何が辛いかというと、大きく分けて以下の三つがあると思います。

【MSW(社会福祉士)の仕事が辛い理由①】資格社会のピラミッド

社会福祉士,しんどい,ブラック,辞めたい,やりがい搾取,社会福祉士の仕事,MSW,本音,体験談

病院というのは、職種によってピラミッドが決まっています。

もちろん、医師がトップです。

医師の次は、看護師やセラピスト等の医療職です。

その次がケアワーカー。

一番下に、事務職とMSW(社会福祉士)だと私は感じています。

給料も、他の医療職に比べて圧倒的に低いです。

そしてMSW(社会福祉士)には、他の医療職のような目に見える技術がありません。

例えば看護師なら、新卒であってもすぐに注射も打てるし、色んな処置ができるわけです。

でもMSWは面談をする人なので、新卒で就職して、すぐに何かができるわけでもない。

「注射の打てる看護師」状態で就職しないのって、病院の中でMSW(社会福祉士)だけな気がします。

しかも、「所詮は患者を直接看ていない現場を知らない人間」と思われがちです。

明確な資格職種のピラミッドの中で、即戦力にもなれず立場も弱いのが、新人MSWの辛さです。

【チェック!】社会福祉士は意味ない資格?現実に「食えない」のか実体験から解説するよ

【MSW(社会福祉士)の仕事が辛い理由②】ノルマがしんどい!

現場で働く看護師やケアワーカーに比べ、MSWには経営的なノルマがシビアにのしかかってきます。

患者さんの退院先は、施設でなく●●%以上は在宅へ。

リハビリによって●点以上は機能向上していること、●日以内に退院調整すること・・・。

病院というのはそれぞれ機能があり、維持しなければならない施設基準が非常に細かく決まっています。

本当はMSWとして、もっと丁寧に患者さんと関わりたいです。

でも施設基準を維持するために、患者・家族に対して、時には厳しい姿勢で退院調整をすることもあります。

そしてそれが、病院からMSW(社会福祉士)への評価になる。

行ってしまえば、MSWは「退院させ屋」だと思われている。

支援の質よりも、単純な数字で評価されることには、しんどいジレンマを感じました。

【MSW(社会福祉士)の仕事が辛い理由③】内部調整がストレス

MSW(社会福祉士)の仕事は、関わる専門職の力を束ねて、結果的に患者さんの環境を整えること。

でも他職種の板挟みになるのは、本当にストレスです。

おそらくこれが、多くのMSWが抱える一番のストレッサーだと私は思っています。

「なんでこんな患者入院させたの」

「手がかかるし、早く退院させて」

そんな現場からの不満が、MSWのもとには集まってきます。

一人の患者に対し他職種で関わりますが、それぞれの意向を調整するのもMSWの役割です。

ところが職種によって、重視する部分も、当然見立てだって違います。

医師はこう言っているけれども、他の職種の考えは違うなんてこともしょっちゅうです。

その意見の違いに振り回されてしまうのも、MSWの宿命でしょう。

色んな意味で自己流が強すぎる患者や、クセのあるご家族さん。

ちょっと困難ケースだったりすると、「MSWさんなんとかしてよ」と丸投げされるこも多いです。

本音を言うと、患者・家族への対応そのものよりも、内部調整が一番ストレスだったりするんですよね。

ハローワークの求人はブラック企業が多い?ケアマネ・社会福祉士が転職サイトを使うべき本当の理由

【チェック!】社会福祉士の仕事に復職したい!ブランク明けで転職する準備や職場選びのコツまとめ

社会福祉士を辞めたい?その前に・・・

社会福祉士,しんどい,ブラック,辞めたい,やりがい搾取,社会福祉士の仕事,MSW,本音,体験談

社会福祉士って、実感としては転職・退職が珍しくありません。

私の周囲では、特に女性の場合、結婚や出産を機に退職・転職する人は多かったです。

人々の生活の困りごとを支援する社会福祉士。

でも実は社会福祉士自身が、クライエントのことばかりで、自分の生活を犠牲にしていることもあります。

とはいえ私たちも当然、一人の生活者です。

対人援助職は、自分自身を大切にできて初めて、誰かの支援ができる仕事だと思います。

ただ社会福祉士の仕事自体は、確実に「誰かの役に立つ」タイプの仕事なんです。

やりがい搾取の現状は感じますが、言いかえれば、「やりがい」だけは約束されたようなもの。

自分のコンディションがよければ、こんなに面白い仕事はありません。

簡単に辞めるのは、もったいないです。

行き詰まったら、まずは職能団体の集まりに出かけてみるのがおススメです。

同じ悩みを持つ同年代、同じ悩みを経験してきた先輩たちと、きっと出会うことができます。

臨床心理士やキャリアコンサルタントのカウンセリングを受けて、自分を客観視する。

仕事から離れて、リフレッシュする時間を意識的に作る。

私も結局は、MSWから離れても、社会福祉士として別の職場で働いています。

【まとめ】社会福祉士はブラックでしんどい仕事?辞めたい理由はやりがい搾取の現状・・・

社会福祉士の仕事は、「ブラックでしんどい」というのは事実です。

ただし「やりがい」は・・・、あります!

もし辞めたいと思ったら、

  • 社会福祉士の仕事を辞めたいのか
  • 今の職場を辞めたいのか

少し立ち止まって考えてみませんか。

もしも合わない職場にいるとしたら、そこから逃げることは恥ずかしいことではありません。

今いる場所が辛いときは、視野が狭くなりがちです。

色々考えて辞めるもよし、続けてみるもよし。

自分に嘘のない選択ができるといいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる