スポンサーリンク

社会福祉士実習は辛いしキツイ?楽な実習先はある?

社会福祉士,実習,キツイ,辛い,実習先,本音,体験談社会福祉士の本音

社会福祉士を目指している皆さん。

実習について、なんとなく不安を感じていませんか?

実際のところ、社会福祉士の実習は辛いキツイという声は聞こえてきます。

実習先によっては、「最初に言ってよ」という種類の特徴があったり、社会福祉士なのに「介護をやらされた」という話も・・・。

そんな私自身も、社会福祉士実習では、多少はキツイ記憶があります。

でも、全体を通して振り返ると、そこまで辛かったというわけではないような・・・。

それは、実習先のコース選びが良かったのかもしれません。

じゃあ、実習先はどう選べばいいのか。

特定の分野で実習したい、あの施設に行きたいという強い希望があれば、話は簡単です。

できれば楽な実習先にに行きたいな・・・、なんて気持ちもありませんか?

今回は、実習経験者の感想や私(現役の社会福祉士)の体験談を紹介します。

実習先を選ぶとき、参考にしてもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

【体験談】社会福祉士実習は辛いしキツイ?経験者の感想を紹介

社会福祉士の実習は、実際に辛いしキツイのか。

まずは現役の社会福祉士の知人たちに、実習の思い出を聞いてみました。

【実習先の人間関係が辛かった】

  • 現場職員の中には、実習生が来ることをよく思っていない人もいた。
  • とにかく邪魔にならないように気をつかった。
  • 職員が皆さん忙しそうで、話しかけるタイミングを見極めるのが難しかった。
  • 職員に、「そんなこともわからなかったら社会福祉士になれないよ!」と叱責された。

【実習生の立場がキツイ】

  • 社会福祉士の「視点」で、日誌を毎日書くことが難しかった。
  • 日誌を手書きで書くのが大変だった(パソコンあるのに、なぜ?)
  • 自分の考えた個別支援計画を、職員相手に発表するのが苦痛だった。
  • 何もすることがない時間に、眠気と闘うのがつらかった。
  • 実習生として、何をどこまで関わっていいのかわからなかった。

【実習先での介護が辛かった(社会福祉士は介護職じゃない!)】

  • 実習先が入所施設でケア業務があった。社会福祉士は介護じゃないのに。
  • 自分は介護できないので、職員さんのケア対応中に待機していたら、「積極性がない」と評価されてしまった。
  • 特別養護老人ホームで夏祭りの準備に参加して、熱中症寸前になった。
  • 実習のほとんどがケアワークの助手で、相談員としての実習が数日しかなかった。
社会福祉士,実習,キツイ,辛い,実習先,本音,体験談

一方で、選んだ実習先が大正解だったという感想もあります。

【実習は楽しかった】

  • 公立の急性期病院で、連携先の機関や患者宅に同行でき、いろんな場面を見ることができて楽しかった。
  • 福祉事務所に実習に行ったら、いろんな施設に行くことができて面白かった。

これらのコメントを見ると、どうやら実習先によって、環境がかなり違うと思いませんでしたか?

スポンサーリンク

社会福祉士は実習先が色々ある

社会福祉士とは、ソーシャルワーカーとして、福祉業界を網羅する資格です。

実際、社会福祉士の実習先はバラエティ豊か。

学校によって違いますが、私の場合はこんな感じでした。

【社会福祉士の実習先一覧(例)】

  • 高齢者コース(特別養護老人ホームなど)
  • 児童コース(児童養護施設、児童心理治療施設など)
  • 女性コース(女性相談センター、母子生活支援施設など)
  • 地域コース(社会福祉協議会、NPOなど)
  • 医療コース(病院)
  • 行政コース(福祉事務所、児童相談所など)
  • 障碍者コース(障碍者支援施設、就労継続支援事業所など)

先ほど紹介した「実習経験者の感想」を見る限り、楽しい・面白い実習先のポイントはこれです。

実習中に、様々なシチュエーションを経験できたこと。

病院実習で患者さん宅に同行したり、福祉事務所から外部施設に出向いたり・・・。

学校ではなかなか体験できないし、目先も変わって刺激的です。

ひとつの入所施設で実習期間を過ごした場合は、毎日の日誌のネタに困ることもあった様子。

職員や利用者さんとの関係性は深まるものの、介護・ケアワークの助手にされたという話も聞きます。

ちなみに筆者は、社会福祉協議会で実習をしました。

後で詳しくお伝えしますが、なかなか楽しかった思い出ですね。

それに社協で実習をしてきた同級生たちも、他のコースの学生に比べて、「楽しかったー!」と元気に帰ってきた印象です。

また児童相談所に行った学生では、あわや実習が中止になりそうになった人もいました。

全国ニュースに載るような重大事案が発生し、実習生どころではなくなったそうです。

そして医療コースでは、実習において「人を育てる」という意識が特に強いと聞いたことがあります。

病院の中が専門職だらけ・・・という事情も関係しているようですね。

一方で実習生にも、自立して「自分の頭で考えて動ける」ことが求められます。

学生を送り出す側の先生たちも、

「医療コースにこの子を送り出して大丈夫だろうか」

というのは、悩みどころなのだとか。

社会福祉士の実習は、その受け入れ先によって、特徴が大きく違います。

当然、独特の雰囲気の差がありますから、学生によって向き不向きがあるのです。

スポンサーリンク

社会福祉士の実習先 、「社会福祉協議会」の体験談

さて、ここで私自身の実習体験談も紹介します。

私が実習でお世話になったのは、社会福祉協議会

そして個人的な感想としては・・・、実習は面白かったです。

なぜかと考えてみたところ、このような要素があったと思います。

  • 実習指導者がとても良い人だった。
  • 所属部署・他部署に関係なく、実習生を邪魔扱いせずに、優しく声をかけてくれた。
  • 社協の持っている様々な事業にまんべんなく関われた

ちなみに実習中は事務所にじっとしていることなく、あちこちにお邪魔させてもらいました。

(地域での講演会、高齢者サロンの支援、日常生活自立支援事業、ボランティアセンター、デイサービスセンターなど・・・)

社会福祉協議会(通称:社協)は、福祉のまちづくりの中心となる機関です。

そのため介護など直接的な支援だけでなく、福祉団体の支援など間接的な関りも多いです。

老人クラブやサークルなども見学し、地域の元気な高齢者とたくさん出会うことができました。

そして私自身も、とてもパワーをいただいたと思います。

また偶然にも、その年の実習生は私ひとりだけ。

相談相手がいない寂しさはありましたが、一方では職員の皆さんから気にしてもらえたと感じます。

空き時間に資料を見せてもらったり、施設内を歩きまわったり。

他の実習生の存在を気にする必要がなく、自分から声を上げやすい環境でもありました。

ただ、「社会福祉士」実習の専門性については、悩んだことは事実です。

看護師のように注射をするわけでもなく、セラピストのようにリハビリをするわけでもない。

相談支援職の卵として、面談の様子を横で見ていることしかできません。

面談に同席すると言っても、何をすればいいんだろう。

どんな視点を持って観察すればいいのか・・・というのは、実習生仲間がいれば相談したいことでした。

思い切って、地域包括支援センターの課長さんに伝えると、

課長
課長

アセスメントってどんなことだと思う?

自分だったらどんなことを聞くかなって思いながら、同席してみるといいよ

と、優しく返事が返ってきました。

今思い返すと、基本的すぎる質問だったような気がします。

でも全体的に職員さんたちが優しかったので、素直に質問できました。

恵まれた環境だったと思います。

スポンサーリンク

社会福祉士も実習先では介護をする ?

社会福祉士の実習先で、「介護をする」という話を聞いた事はありませんか?

たとえば高齢者施設が実習先の場合、実際に介護をすることもあるのだそうです。

私の実習先は社会福協議会でしたが、 数日間だけ訪問入浴に同行しました。

そしてこの時は、介護の助手をしています。

もちろん社会福祉士だって、介護の現場を知っておくことは必要です。

ですが本来は、社会福祉士の実習で介護を求められるのは間違いです。

とは言え、実習生の立場では、はっきり「NO!」と言うのは難しい。

ダメな理由もうまく説明できないし・・・と、スッキリしない気分でした。

社会福祉士,実習,キツイ,辛い,実習先,本音,体験談
歩行の付き添いにも、介護職ならプロの技術が求められるのですが・・・。

このモヤモヤが晴れたのは、実際に社会福祉士として就職してから。

今度は私が実習生を受け入れるために、実習指導者研修を受けたときのことです。

講師として登壇していた、ある大学教授の言葉を紹介しますね。

社会福祉士の実習で、介護やケアワークを行うのはおかしい。

社会福祉士は「相談支援」の専門家であり、介護技術のプロではないから、カリキュラムにもない。

ケアの技術がない実習生がケアワークをしてしまったら、事故の危険性もある。

それにそもそも、ケアの専門職である介護福祉士に対しての侵犯であり冒涜だ。

本当そうですよね。

国家資格として介護福祉士があるのに・・・です。

これから社会福祉士実習を控えているなら、 ぜひ覚えておいてほしいです。

(もちろん、実習の受け入れ先の担当者さんも)

スポンサーリンク

【まとめ】社会福祉士実習は辛いしキツイ?楽な実習先はある?

社会福祉士の実習がキツイ辛いという実情は、やはり現実にはあります。

ただその「辛さ・キツさのレベル」は、実習先にも左右されるのです。

選択肢が様々あるのであれば、去年そこに行った先輩に聞いてみるのもいいでしょう。

職員の雰囲気や利用者さんの様子、どんな場面を見ることができるかは、重大ポイントです。

【チェック!】ケアマネの実習・実務研修、服装のマナーは?メイクや身だしなみを解説!【体験談】

あるいは、じっくりと利用者さんに関わりたいのか、色んな事業や関係機関を見たいのかでも、実習先選びは変わってきます。

楽な実習先」はなかなかありませんが、自分にとって「苦になりにくい」実習先を選べるといいですね。

***

社会福祉士の給料は安い?

いいえ、実際にはそうとは限りません。

もし現在の職場で疲弊しているなら、心が折れて潰れる前に情報収集だけはやっておきませんか

「イイところがあれば転職したい、でも時間がない」

そうお考えなら、転職サイトに登録しておくのが効率的です。

【転職サイトに登録するメリット】

  • 無料で使える
  • 非公開の求人を持っている
  • 年収の交渉をしてくれる
  • 会社側と面接日の日程調整をしてくれる
  • 会社に合わせて、職務履歴書のアドバイスをくれる
  • 会社内の事情や内部情報を教えてくれる

自分が動かなくても、情報が集まってくるのが転職サイトの便利なところ。

評判の良かった転職サイトを貼っておきますね。

社会福祉士も対応で、実は穴場です↓

コメント