併設型と単独型、居宅ケアマネで働くならどっち?メリットとデメリットまとめ!

ケアマネ,転職,ケアマネジャー,居宅,併設,独立 居宅ケアマネの仕事
スポンサーリンク

居宅ケアマネとして働くなら、併設型と独立型、どちらがいいでしょう?

在宅の利用者さんを担当するケアマネジャーは、居宅介護支援事業所(通称:居宅)に所属します。

その居宅には、「併設型」と「独立型」の2種類があるのです。

そしてこれ、ケアマネによっては「向き不向き」があるんですよね。

今回は居宅の「併設型」と「独立型」、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

ちなみに私は、併設型の居宅で働きながら、独立型に移りたい・・・と考えているケアマネジャーです。

スポンサーリンク

【居宅介護支援事業所】併設型と独立型とは?

ケアマネ,転職,ケアマネジャー,居宅,併設,独立

併設型の居宅とは、他の介護サービス事業所に併設された居宅介護支援事業所のこと。

デイサービスや有料老人ホーム、ヘルパーや訪問看護とくっついている例が多いですよね。

あるいは、病院やクリニックなど医療機関に併設される場合もあります。

また建物は別でも、同じ経営者・法人内で、複数の介護サービス・医療機関が経営されていることも。

これに対して、独立型の居宅とは、それだけ単独経営されている居宅介護支援事業所です。

そのまんま、ですね。

例えるなら、「一匹狼」というやつです。

スポンサーリンク

併設型居宅のメリットとデメリットは?

併設型居宅のメリット

【併設型のメリット①】 事業所同士で連携が取りやすい

ケアマネ,転職,ケアマネジャー,居宅,併設,独立

併設型居宅は、同じ法人内に、別の介護サービスや病院があります。

つまり、連絡調整がすごく楽ちんです。

もし同じ建物内にデイサービスがあり、担当する利用者がそこを使っていたら、ふらっと様子を見に行けますからね。

ちなみに私の勤めている居宅は、同じフロアにヘルパーと訪問看護を併設しています。

世間話のついでに、情報共有が出来ちゃいます。

同じ理由で、サービス担当者会議の調整もやりやすい。

もし入所施設の併設型なら、緊急ショートの調整も融通が利くでしょう。

スポンサーリンク

【併設型のメリット②】スケールメリットがある

併設型居宅では、やっぱりスケールメリットは見逃せません。

つまり複数の違うサービス事業所が同じ法人にあるので、

  • 赤字補填ができる
  • 異動できる可能性がある

こんな利点が考えられます。

居宅介護支援事業所は、単独ではなかなか利益がでないと言われています。

ケアマネジャーの業界紙「達人ケアマネ」の試算では、

・ケアプラン100件以上

・特定事業所加算を算定

・ケアマネジャー3人体制で、上限35件を担当

出典:「達人ケアマネ」2020年8-9月号

これが採算ベースに乗せる最低ラインなんだとか。

ケース35人を担当するなんて、ねえ。

困難ケースの割合にもよりますが、かなり大変です。

ワークバランスを考えたら、赤字覚悟で担当件数を減らさざるを得ません。

でも併設の他の事業所が黒字なら、赤字補填ができますもんね。

さらに併設事業所のスケールメリットとしては、これ。

ケアマネでバーンアウトしたときに、法人内での異動も相談できるかも。

ケアマネは疲れたけれど、この法人の社風は合っているから離れたくない。

そんなときに、第2の選択肢があるというわけです。

スポンサーリンク

併設型居宅のデメリット

【併設型のデメリット①】ケアプランに制約がある

ケアマネ,転職,ケアマネジャー,居宅,併設,独立

併設事業所のサービスをケアプランに盛り込むこと。

併設型居宅では、これは避けては通れません。

やり過ぎれば減算対象ですが、全くナシはあり得ないでしょう。

知り合いが勤める大手介護サービスグループでは、かつてノルマも設定されていました。

それにケアマネジャー自身も、併設事業所のサービスを利用してもらえば、やっぱり楽ちんです。

融通も利きますしね。

で、ついつい併設事業所をおすすめするので、ケアプランの「中立・公平性」は・・・。

現実としては、微妙になってきます。

このあたりの事情を察する利用者さんやご家族もいて、

今は満足だけどさ、

もしイヤなことあっても、あんまり言いにくいよね

そう言われたこともあって、申し訳なかったです。

スポンサーリンク

【併設型のデメリット②】ケアマネに理解のない経営者の可能性も

併設型居宅の場合、経営者はケアマネジャーとは限りません

併設クリニックの院長や、併設訪問看護の所長看護師、有料老人ホームの社長・・・。

ケアマネジャーじゃない経営者の方が多いでしょう。

建設会社や飲食店など、他業種から参入してきた会社の場合もありますし。

そうなると、ケアマネ独特の業務や辛さ、大変さはなかなか理解されません。

病んでいる家族から、夜に緊急コール(全然緊急じゃないヤツ)が頻発している

その分の時間給を出してほしい

そうお願いしたとき、ケアマネ経験のない経営者はこう返してきました。

じゃあ、電話に出るな

おい!

また、

デイサービスの介護職が急に辞めたから、急だけで異動して穴埋めして

突然こんな異動を打診されるのも、併設居宅のデメリットでしょうね。

スポンサーリンク

独立型居宅のメリットとデメリットとは?

独立型居宅のメリット

ケアマネ,転職,ケアマネジャー,居宅,併設,独立

独立型居宅のメリットは、主に併設型居宅の裏返しです。

  • 公正中立なケアプランを作りやすい
  • 併設する他介護サービスへの異動がない

併設事業所がないので、事業所の選択に「しがらみ」がありません。

デイサービスやリハビリ、訪問看護など、担当する利用者さんのニーズに合う事業所で調整できるのは、ケアマネ冥利に尽きます。

また系列事業所への異動はありませんから、居心地がよければ、ずっとそこにいられるのもメリットでしょうね。

スポンサーリンク

独立型居宅のデメリット

  • ケアマネジャーとしての力量(マネジメント能力)が問われる
  • 営業能力も必要
  • 廃業のリスクがある

デメリットとするのは微妙なところですが、独立型居宅では、ケアマネジメント能力がシビアに問われます。

併設のサービス事業所はないので、全て自分で開拓していく必要があるからです。

これは、「営業能力」にもつながりますね。

  • 行政や病院、地域包括支援センターとは、新規ケアプランの依頼を頂けるように
  • 介護サービス事業所とは、利用の依頼に対応してもらえるように

方々と良好な関係を保たないと、独立型居宅ではやっていけません。

そして何より大きなリスクは、「廃業の可能性」が身近にあること。

ケアマネジャーのケアプラン作成だけで、黒字化していくのはなかなか大変です。

上限ギリギリの件数を担当するか、認定調査など委託業務を多くこなすか。

あるいは講師業など、別の収益を確保していくか・・・。

独立型居宅では、経営的な視点も必要になってくるのですね。

スポンサーリンク

居宅は併設型と独立型、どっちがいいの?

ケアマネ,転職,ケアマネジャー,居宅,併設,独立

併設型と独立型、どちらもメリットとデメリットがあります。

では、どちらがいいのでしょう?

ひとつ基準になるのは、「働きやすさ」。

あなたが新人ケアマネだったり、交渉ごとが苦手なら、お勧めは「併設型」居宅です。

併設する他サービス事業所や病院など、フォローを期待できますし、廃業リスクも少ない。

法人が大きければ、給与体系や人事評価もシステム化されて、安定している可能性が高いです。

でももし、それなりに経験を積んでいたり、ケアマネジメントを楽しみたいなら、「独立型」居宅が向いています。

法人内の事業所サービスを優先する必要がなく、しがらみが少ない。

そして、「自分で道を切り拓く」というワクワク感は、プライスレスです。

ただし、「併設型」「独立型」の区分だけで、就職先・転職先を決めるのは危険です。

事業所や法人そのものの中身は、また千差万別ですから。

希望する地域の求人傾向や施設の情報などは、転職支援サイトやエージェントに問い合わせることも選択肢でしょうね。

ハローワークやフリーペーパーでは見つからない求人も、ケアマネ業界はけっこうあるのです。

コメント