ケアマネ事業所を円満退職したい!損しないための3つのコツとは?

ケアマネ,転職,退職,円満退職,方法,コツ,退職理由,時期 ケアマネの転職と副業
スポンサーリンク

こんにちは、ケアマネジャーのひまわりです。

今回は、ケアマネが転職するとき、元の職場を「円満退職」するコツを3つ紹介します。

こんな最悪のブラック事業所

円満退職しなくても、どうでもいいわ!

え、そう思いますか?

ちなみに、これ、過去の自分もそうでした。

でも、ですね。

私の転職5回の経験からすると、円満退職しないで辞めたとき、「」するのは自分だったのです。

今回紹介する「円満退職の3つのコツ」は、私自身が実際にやっている方法です。

ちなみに裏ワザや特殊なやり方ではありません。

でも気をつけておくと、自分自身を後々助けてくれるのでおすすめです。

スポンサーリンク

ケアマネ転職では、「円満退職」しないと自分が損する

ケアマネ,転職,退職,円満退職,方法,コツ,退職理由,時期

ケアマネの仕事は好きだけど、職場が合わないってことありますよね。

  • 給料が安い
  • オンコール当番がある
  • 上司と合わない
  • 同僚に苦手な人がいる
  • 病院併設だから、末期がん患者ばかりでしんどい
  • 困難ケースばっかり回されて、もう限界・・・

合わない職場でギリギリまで耐えても、「うつ病」リスクが高くなるだけ。

そう思うので、私は転職おススメ派です。

ケアマネは資格職なので、転職してキャリアアップしていくことは、珍しい話ではありませんし。

では、いざ転職先が決まったとします。

次の関門は、「円満退職」すること。

介護業界は狭いので、元職場での悪評は、あっという間に広まります。

次の転職先で先入観を持たれたり、その次に転職するときに影響することもあります。

そして、いつどこで元同僚や上司と再会するかわかりません。

これ、私は経験しましたが、けっこう気まずいものです。

ケアマネの転職では、円満退職しないと自分が「」するのです。

スポンサーリンク

ケアマネ事業所を「円満退職する」ための3つのコツとは?

【ケアマネが円満退職するコツ①】退職を早めに伝える

早めに退職を伝えるとメリットがある

ケアマネ,転職,退職,円満退職,方法,コツ,退職理由,時期

退職を早めに伝えると、職場と自分の双方にメリットがあります。

職場としては、新しいケアマネの求人に時間をかけられますし、業務の見直しも検討できます。

そして自分にとっては、堂々と引継ぎをしたり、有休を取る理由付けにもなります。

また私自身の経験では、早く退職を伝えたことで、他事業所から転職のお誘い(スカウト)を受けることもありました。

その理由はこうです。

  1. 同僚のケアマネが他事業所の知り合いと世間話をして、情報が洩れる
  2. その事業所では、ケアマネの欠員が出ていた
  3. 新人ケアマネや知らないケアマネは、いろいろめんどくさい
  4. どんな人なのか、わかっているケアマネに来てほしい

で、私にスカウトが来たのです。

介護業界は、地域ごとのローカルルールがすごく多いですよね。

新人や他地域からの来たケアマネに、そのルールを教えるのは、とにかく面倒です。

(だって、厚労省の公式見解に書いてないことだから)

私はもしかして、評価されるケアマネになった?

とっても嬉しくなりましたが、後で聞くと、同じ経験をしたケアマネ仲間はたくさんいました。

なんだー。

スポンサーリンク

円満退職するなら、どれくらい早く伝える?

ケアマネ,転職,退職,円満退職,方法,コツ,退職理由,時期

ケアマネ転職で円満退職するために、どれくらい早く退職を伝えるべきでしょうか?

ケアマネジャーの業務は、1か月単位のサイクルが基本ですよね。

月初めの請求業務に始まり、月半ばは訪問してケアプランへのハンコをもらい、また次の請求時期へ。

これを考え合わせると、最低1か月前には職場に伝えると親切です。

ちなみに、ケアマネ転職のお勧め時期はこちら。

【ケアマネが円満退職するコツ②】退職理由の書き方

円満退職するためには、退職理由にもコツがあります。

私の経験上、最もモメない退職理由は、これでした。

次の勤務先も決まっているので、1か月後の〇月〇日付けで退職させてください。

「え、どこ?」

そう聞かれた場合は、こう答えます。

先方に差しさわりがあると困るので、ごめんなさい。言えないです。

ただこれからも、お付き合いは続くと思います。

2行目の「これからも付き合いは続く」がポイントです。

ケアマネ業務は、連携先の介護サービス事業所があってこそ成立します。

またケアマネ同業者であっても、困難事例などは協力し合うのが普通です。

事業所の管理者(つまり上司)は、外部の事業所とのモメゴトは避けたいんですよね。

もし、しつこく聞かれても、同じ言葉を繰り返します。

それ以外は何も言いません(言えばボロが出ます)。

「退職理由」にはいろいろバリエーションがありますが、結局これが最強でした。

もちろん、

  • 遠くに引越しする
  • 違う職種に転職する
  • ケアマネはもうやりたくない
  • 宝くじに当たったから、もう働きたくない

こんな具体的な理由があれば、その方がいいでしょう。

ただ、同じ地域の別の事業所に、「ケアマネジャー」として転職するなら、ウソはNGです。

  • 親の介護をするから
  • 起業するから
  • 結婚するから
  • 大病になったから

これらの退職理由を「嘘も方便」としておすすめするサイトもありますが・・・。

同じ地域で転職すれば、間違いなくウソがバレて、ゴシップネタになるだけです。

「結婚する」なんてウソをついたら、恥ずかしいですよ~。

最悪の場合、「相手に逃げられたんだって!ウケるw」って陰で笑われている人もいましたっけ。

スポンサーリンク

【ケアマネが円満退職するコツ③】記録を残しておく

ケアマネ,転職,退職,円満退職,方法,コツ,退職理由,時期

円満退職をするための3つ目のコツは、記録を残しておくこと。

ちなみに残しておくべき記録はこれです。

担当する利用者・家族・ケアプランに関すること

たとえば、担当するケースに関するこんな記録です。

特に困難ケースについて、

  • 利用者・家族のクセ
  • 起きやすいクレーム
  • 地雷ワード
  • 大きな声では言えないけど、手助けしていたこと(毎週ゴミ捨てしてあげた、とか)

これらについて、手書きのメモでも残しておくと、

次の担当者にすっごく感謝されます!

担当者が変わると、不安定になる利用者さんや家族は、一定数存在します。

「前の人はこれもやってくれたのに・・・」と無理難題を主張するひとも・・・。

前任者の対応を事前に把握できれば、次のケアマネとしても、いろいろ対応を考えられます。

でも、突然言われると、困っちゃうんですよね。

前任者の「実は・・・」の引継ぎメモと記録は、千金の値があるのです。

スポンサーリンク

ケアマネ転職で、前の職場を円満退職する3つのコツ・・・まとめ

ケアマネ,転職,退職,円満退職,方法,コツ,退職理由,時期

ケアマネジャーの仕事自体は好きだし続けたい。

でも、職場が合わない・・・。

そんな場合は、他の事業所に転職することがお勧めです。

そして転職後も気持ちよく働くためには、やっぱり前職場は「円満退職」しておきましょう。

ケアマネが転職する際に、円満退職するための3つのコツは、

  1. 早めに退職を伝えること
  2. 退職理由を工夫すること
  3. 担当ケースについて「引継ぎメモ・記録」を残すこと・・・

裏ワザでもないし、スペシャルなことでもありません。

でもやってみると、転職時も辞めた後も、前職場の雰囲気はかなり好意的なものになりました。

ケアマネジャーで転職を考えている方へ、参考になるとうれしいです。

コメント